ReCent-EPM (Enterprise Performance Management)

ReCent-EPM製品カタログダウンロード  NEW

ReCent-EPMは、予算管理・経営管理における適正なPDCAサイクルを確立するためのWebシステムです。予算作成から執行管理、中長期経営計画の策定まで、トータルなソリューションを提供いたします。

まず、予算作成における強力なサポートシステムとなっており、予算作成作業の大幅な工数削減効果が得られます。
予算作成は、Webブラウザから入力、データをインポート、既存の予算実績をコピーすることで効率化され、予算管理部門では集計作業の必要がなくなります。Excelのみによる非効率的でミスの多い予算作成から脱却できます。
予算化の対象は、販売、利益、原価、販管費、損益、投資、資金と広範囲に渡りますので、部分的な予算管理ではなく、会社全体を網羅した経営管理を、業務システムとして実現します。

実績データの取込は、Webブラウザから直接入力、インポート、インターフェースによる取込ができます。実績データのキーを予算と合わせることで、予算対実績、実績対実績、ドリルダウン分析など、様々な切り口での予算管理が可能となります。

また、予算と実績の差異の閾値や、経営指標に関する基準値を設定することにより、閾値・基準値を超えた場合に業務上とるべき行動を指示・提案する 『ビジネスアラート』 を自動出力します。ReCent-EPMにより、問題状況への迅速な対応が、全社統一の基準で、システム的に可能となります。

さらに、経営管理上重要な、会社全体での資金管理、投資管理、損益分岐点分析も行えるようになっており、シミュレーションや上記のアラートも可能です。

ReCent-EPM機能概要

 PLAN: 経営計画(予算管理)

①販売計画 ・・・ 品目、顧客などの軸で売上/売上原価予算を作成
②予算編成 ・・・ 販間費、営業外収益費用、特別利益損失、中期計画、
          
人員計画等を組織・勘定科目のメッシュで作成
③投資計画 ・・・ 投資案件毎に管理したい予算を作成
④資金予定 ・・・ 任意の時点での資金の保有状況を見るため、入出金の
          予定データを登録

 DO: 執行管理(実績管理)

①販売実績   ・・・ 「販売計画」の定義と同じ軸で実績データを登録
②予算執行実績 ・・・ 「予算編成」の定義と同じメッシュで実績データを登録
③投資実績   ・・・ 「投資計画」で定義した投資案件毎の実績データを登録
④資金IN/OUT実績・・・「資金予定」と同じ軸で実績データを登録

 CHECK:レポート

①分析/比較レポート・・・ 「PLAN」で登録した予算・計画データと「DO」で
              登録した実績データを比較・表示

②資金ショート管理 ・・・ 現在から将来の資金状況を提示

 ACTION: アクション

①ビジネスアラート ・・・ 経営上、迅速にとるべきアクションのアラートを
              出すための
予算実績差異の閾値を設定
アクションレポート・・・ ビジネスアラートのレポートを提示
 

ReCent-EPMの特長

ReCent-EPMは、20年以上にも渡り大企業の基幹システム開発プロジェクトをナビゲートする過程で得た経営管理システムのノウハウを凝縮させて、ローリーコンサルティング社が独自に開発した日本発のソリューションであり、以下の強みを持ちます。

予算管理システムReCent-EPM業務フロー

 1. 直ちに使える実務アプリケーション

ReCent-EPMは、BIツールのように予算管理のアプリケーションを作成するための開発ツールではなく、直に使える実務アプリケーションです。BIツールは、設計、開発、テストと導入までに工数と期間がかかります。従って、コストも高くなります。また、工数、期間とコストをかけたにもかかわらず、単なる集計表に近いものであったり、実務と合わないものとなったりなど、アプリケーションの質が低いものとなるリスクがあります。ReCent-EPMは、実務パッケージのため、このようなリスクがありません。

 2. Webベースの全社共有システム

ReCent-EPMは、Webベースのブラウザのみで使用可能な全社共有システムです。予算編成から予算執行管理までのPDCAサイクル全般を、全社共有化、見える化、そしてわかる化するためのツールです。そのために必要な職責管理機能、セキュリティ機能が組み込まれています。Excelによる予算管理からの脱却も可能となります。

 3. PDCA全般のトータルソリューション

ReCent-EPMは、予算編成(PLAN)のみならず、予算執行(DO)、予実管理(CHECK) から、是正アクション(ACTION)までのPDCAサイクル全般をサポートするパッケージです。PDCAサイクル全体を共有化、見える化、わかる化して、現在の予算進捗状況をリアルタイムに把握して、迅速なアクションをとることが可能となります。

 4. アクション提案

ReCent-EPMは、現在の状況から、とるべきアクションをシステムが自動提案する提案型システムです。見える化システムにとどまらず、意思決定と行動を具体的に知らせるシステムとなっています。アラート基準、出力タイミングはユーザーが自由に設定できます。また必要なアクションレポートが簡単にカスタマイズ追加できる構造となっています。

 5. 先行きの資金状況シミュレーション

ReCent-EPMは、現在の資金状況を元に先行きの資金状況のシミュレーションを行うことが可能です。販売計画の達成率を変えるなど様々なシナリオに対して、資金状況がどうなるのかをシミュレーションすることにより、より早く、より正確に、先の資金状況を把握して、先手を打つことができ、手遅れになるのを防ぎます。

 6. Excel連携、ダウンロード、アップロード

ReCent-EPMは、標準化されたダウンロード、アップロード機能により、各ユーザーのPCとのデータ連携が可能です。また、予算編成においては、WebシステムとExcelが完全相互連携しています。担当分のデータをExcelに取り込み、Excelで加工を行った結果を、またWebシステムに反映させることが可能です。
Excelからは脱却したいが、Excel連携はあってほしいというニーズにこたえます。

 7. ERP/SCMとの連携

ローリーコンサルティングはSAP、ORACLEをはじめとする各種ERP/SCMの構築を行ってきました。この経験とノウハウに基づき,ReCent-EPMは、ERP/SCMシステムとの連携を前提とした構造となっています。整合性のとれた効率的なインターフェースがERP/SCMシステムとの間で容易に構築できます。

 8.最適な予算管理プロセス、PDCAサイクルの構築

ローリーコンサルティングは、業界のトップコンサルティングカンパニーとして、様々な産業における最適なプロセス設計とシステム構築を行なってきました。 ReCent-EPMを導入する際に、アセスメント(調査と評価)をもとに、最適なプロセス設計、プロセスの再構築を行うことが可能です。あるべき予算管理プロセス、PDCAサイクルを構築して、そこにReCent-EPMを導入することで、本当の経営および現場での効果があらわれます。

    Copyright 2009-2014(C) Rory Consulting CO.,LTD. All rights reserved.